Yamaha EPH-M100, EPH-M200 Owners Manual

警告, 注意

Ja

ヤマハ製品をお買い求めいただきまして、誠にありがとうございます。

安全上のご注意

 ご使用の前に、必ずこの「安全上のご注意」をよく

お読みください。

ここに示した注意事項は、製品を安全に正しくご使用いただき、お客様や他の方々

への危害や財産への損害を未然に防止するためのものです。必ずお守りください。

お読みになったあとは、使用される方がいつでも見られる所に必ず保管してください。

警告

この表示の欄は、

「死亡する可能性または重傷を負う可能性が

想定される」内容です。

自動車や自転車を運転中に使用しないでください。また、事故に遭うおそれがあ

りますので、踏切や工事現場など、周囲の音を聞く必要のある場所では使用し

ないでください。

注意

この表示の欄は、

「傷害を負う可能性または物的損害が発生する

可能性が想定される」内容です。

聴覚の保護のために

禁止

•  大きな音量で長時間使用しないでください。聴覚障害の原因になる場合が

あります。長時間、大音量での使用は、難聴を引き起こす可能性があります。

80dB(A)の音量で40時間/週、89dB(A)の音量で5時間/週を超えないよ

うにしてください。

必ず実行

•  接続する機器の音量を最小にしてから、プラグを接続してください。

安全にご使用になるために

必ず実行

•  イヤホンがお肌に合わないときはすぐにご使用を中止してください。
•  小さな部品をお子様が飲み込まないよう、製品はお子様の手の届かない場所

に保管してください。

禁止

•  イヤピースを外したまま装着したり、壊れたイヤピースを使用したりしないで

ください。けがや病気の原因となることがあります。

•  イヤピースはイヤホンにしっかり装着してください。イヤピースが外れて耳に

残ると、けがや病気の原因となることがあります。

•  時計、磁気カードなど磁気の影響を受けるものに近づけないでください。デー

タを破壊する原因になります。

ご使用上の注意

x ご使用の際は、接続する音声再生機器の取扱説明書もあわせて参照してください。

x 接続機器からプラグを抜くときは、ケーブルを持たずに必ずプラグを持って

引き抜いてください。ケーブルを強く引っ張ったり折り曲げたりすると、ケ

ーブルが破損する恐れがあります。

x イヤホンを分解したり、故障したまま使用したりしないでください。

x 空気が乾燥した場所では耳にピリピリと痛みを感じることがあります。こ

れは人体や接続した機器に蓄積された静電気によるもので、イヤホンの故

障ではありません。

x イヤピースが耳にきちんと装着されていないと、低音が聞こえにくいこと

があります。 より良い音質で楽しんでいただくために、イヤピースのサイ

ズを交換するなど、耳にぴったり装着するよう調整してください。

x お手入れの際は、柔らかい布などで乾拭きしてください。音質低下の原因

になりますので、プラグを汚れたままにしないでください。

x 直射日光のあたる場所や高温の場所、ほこりや湿気の多い場所に置かない

でください。

エチケット

イヤホンから音が漏れて周囲の迷惑になりますので、公共の場では大きな音で使用

しないでください。

禁止